私のクレジットカード遍歴の紹介

 子供の頃から、欲しいものがあったらお金を貯めて買いなさいと親から教えられて育ちましたので、クレジットカードなど私には無縁のものだと思って生活してきました。
 40歳になった時に、仕事でパソコンを使うようになり、不慣れな私は自宅で勉強をしようとパソコンを購入することにしたのです。
家電量販店の方のすすめで、パソコン購入とセットキャンペーンのプロバイダと契約をして、自宅でもインターネットが出来るようになりました。
 このプロバイダの利用料の支払いがクレジット払いでしたので、この時に初めてクレジットカードを持つことにしたのです。
初めてのカードは給与振り込み口座のある銀行で作りました。
持っていたキャッシュカードにクレジット機能をつけてもらい、このカードは今でも私のお財布の中にいつも入っています。
 ですが、クレジット払いにするのはプロバイダ料金だけで、相変わらず私の買い物は現金払いが原則です。
もちろんクレジットカードにキャッシング枠は付けていません。
いつまでも子供の頃の親の教えは身についているものですね。
 次に持ったクレジットカードは、子供の友達のお母さんに勧誘された化粧品購入のためのカードでした。
良い化粧品なのですが高価ですし継続は出来ません。
2度目の勧誘はやんわりと断り、カードは早速解約しました。
 3枚目のカードは便利なカードです。
自宅の最寄駅を通る京成電鉄の提携クレジットカードで、パスモと一緒に作りました。
パスモの残高が少なくなると自動的に提携カードからチャージされるので、残高不足で改札を通れないなどという心配がありません。
このカードは交通費用として私の愛用カードになっています。
 4枚目のカードは、体力不足の回復にスポーツジムに入会した時に作りました。
今は、何かにつけてカードを作らされるシステムになっているようです。
2年ほどで退会した時に同時に解約を致しました。
 忘れていました、携帯電話の購入の時にもカードを作りました。
こちらも契約の時に携帯電話会社の方から勧められたのです。
キャンペーンになっていてカードを作ると購入金額がかなり割引きになりました。
これは携帯電話料金のポイントが倍になるので今でも携帯電話利用料用としてタンスにしまっています。
 最後に、私のメインのクレジットカードです。
これはショッピング系のカードです。
きっかけは、インターネットで買い物をしたときに、こちらのカードで購入するとショップのポイントとカードのポイントがダブルで付くことです。
 当時は、買い物の支払いをクレジットでするなど考えてもいませんでしたので、代金引き換えで購入をしていました。
ですが、代引手数料は350円と高額です。
何度か続けるうちに手数料が無駄に思えてきました。
カードで支払っていれば、手数料も無料でさらに300円程のポイントも付いていた計算になります。
 以来、私はインターネットの買い物だけでなく、スーパーやコンビニの支払い、光熱費の支払いなど、生活の中でカードで支払いが出来るものはすべてこの1枚にまとめています。
おかげで毎月のポイントは1,000円分を下りません。
 両親の教えは今でも肝に銘じています。
ポイントのために買うなどという本末転倒なことは決してしません。
キャッシング枠も消してもらいましたので、必要なものを買う時に利用して、賢く生活したいと思います。
 

Copyright 2011 お得に生活.com All Rights Reserved.