クレジットカードの買い物は慎重にする事

会社時代にはクレジットカードで買い物をする機会も余りなかったので、殆ど宝の持ち腐れ的な扱いで、財布の隅っこに入れて置いただけだった。
しかしながら会社を退職してからは、比較的に自分自身の自由な時間も持てるようになったので、仕事をして居た時には出掛ける時間も無かったのだが、当時、友人から聞いてファンになった或るグループ歌手の、コンサートに誘われ出掛ける事になった。
その時は誘ってくれた友人がチケットを都合してくれたので、一緒に観に行けたのだが、生でそのグループ歌手の歌声を聞いてからは、歌の上手さと、それ以上に人の心の琴線に触れて来る、歌魂の素晴らしさに感動し帰宅してから、即座にファンクラブに入った次第で有る。
次の機会のコンサートに行きたいと思って、チケットを申し込んだが運良く行ける事になり、チケット代はクレジットカードで決済する事になった。
最初の頃は、クレジットカードを使う事自体に、とても抵抗が有った。
それは個人情報の保護の事とか、友人の知り合いがクレジットカードを見知らぬ他人に悪用され、被害を被った話などを聞いて居たので、チケット代を支払う事以外にも、ネットの買い物すら何と無く不安に思っていたのだ。
それで友人の勧めも有って、クレジットカードの限度額も万が一、被害に遭っても、比較的何とかなると思う最低限の金額に設定し直した。
チケット以外にも書籍や音楽CD、DVD等について購入する際には、良くネットを利用していたので有るが、カードの利用は一回に支払う金額は僅かで有っても、結構使って居たもので有る。
それにしてもカードを使った明細書が家に郵送されて来て初めて、その月の使用金額の多さにビックリしたり、或いは既に何を購入したのかも、自分自身が購入したにも関わらず失念して居た時には、我ながら呆れた時も有った。
やはり、現金で買い物をする時よりもカードでの買い物の方が、ついつい気持ちも大きくなって、要らない買い物をしてしまう時も有るので、そういう意味ではカードの買い物は、慎重にしなければと自戒の意味も込めて思う次第です。
田舎に住んで居て、家庭の事情で他所へもなかなか出掛けられない事も有り、普段の買い物以外、どうしても欲しい物が有る場合は、ついネットのお店で探します。
実際にお店に出向いて行って購入するよりも、ネットで調べて一番安いお店で購入した方が格安な場合が有るので、そう言う場合、現代のネット社会の恩恵に預かれて良かったと思っています。
つい最近もクレジットカードで、どうしても緊急を要する買い物をしました。
我が家の電子レンジが或る日使って居る時に、突然壊れてしまい、ご近所のお店には在庫が無く、取り寄せて貰っても数日掛かると言われ、ホトホト困ってしまいました。
朝から晩まで頻繁に使っている電子レンジが数日間も使えないとなると、日々の食事の支度にも支障をきたすからです。
それですぐさまネットを調べ、欲しい品物の中から、金額的にも折り合いがつけられる物を決めて、翌日配達が可能なお店に注文しました。
田舎の弱みで実際に配達して下さったのは、翌翌日でしたが、家に到着した時には本当にホッとしたものでした。

Copyright 2011 お得に生活.com All Rights Reserved.